市販シャンプーとサロンシャンプーの違い

こんにちは、シキヤです。
皆さんはなぜ美容師が市販のシャンプーをオススメしないかご存知ですか?

美容室のシャンプーが良いと聞いた事があるけど…なぜなのかはわからないという方もいらっしゃると思います。
そんな方に今日は市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いについてお話します!

大きく違うのはシャンプーに含まれる“成分”です。
市販で売られているシャンプーも美容室のシャンプーも1番多く含まれている成分は水なんです。
そして、2番目に多く含ませている成分が、髪の毛や頭皮の汚れを落としてくれる界面活性剤という成分です。
この界面活性剤の良し悪しでシャンプーの値段は変わってきます!

市販のシャンプーは高級アルコール界面活性剤という界面活性剤が含まれています。
ちなみに、市販のシャンプーには8割はこちらが使われています。
高級アルコール界面活性剤は泡立ちやすく、洗浄力もあります。
しかし、強いものだと浸透力も高く、体の保湿成分も分解し落としてしまいます。
「洗浄力が高いほうが汚れが取れていいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そして、強めの洗浄力による、洗い流したときのサッパリ感は、清潔好きな日本人の好みにも合っているのでしょう。
しかし、実際には肌(頭皮)や髪にとっては洗浄後でも一定の保湿成分・油分が必要です。

落しすぎは乾燥の原因になり、余分な油分を分泌する可能性があります。
これは皮膚にも髪のも良くないのです。

美容室のシャンプーは主にアミノ酸系界面活性剤が使われています。
アミノ酸は、私たちの体の組織のもとになるタンパク質を構成している成分です。
タンパク質は、数百個~数千個のアミノ酸が連なって出来ています。

アミノ酸系シャンプーは、現在あるシャンプー剤の中で最も低刺激で、洗浄力がやさしいので、頭皮や髪に負担がかかりにくいです。
汚れと余分な皮脂は洗い流しますが、皮脂を根こそぎは落としません。
頭皮に必要なうるおい成分を、残したままにしておくことができるのです。
刺激がほとんどないため、敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む方にも合っています。
フケやかゆみにお悩みの方にも効果的です。

soraではお客様一人一人に合うシャンプーを提案できるようたくさんの種類のシャンプーをご用意しております。

お悩みや今の状態に合わせて選定させていただきます。
今より頭皮の状態を良くしたい方や今より髪の毛が綺麗になりたい方、自分に合うシャンプーがわからない方はいつでもお気軽にご相談ください♪