乾燥を防ぐ入浴法

こんにちは、シキヤです。
皆さんは普段、湯船に浸かりますか?それともシャワーで済ませますか?

普段はシャワーで済ませるが、冬は湯船に浸かるお客様が増えたのと同時にお風呂上がりの乾燥が気になる。とおっしゃられるお客様も増えた気がします。
なので今日は乾燥を防ぐ入浴法をお伝えします。

まず、乾燥肌について少しお話します。
乾燥肌とは、皮膚の角質層とよばれる一番外側の部分の水分や油分が少なくなり、肌が乾燥した状態をさします。
肌には「バリア機能」という外部の刺激から守る機能がありますが、加齢やストレス、生活習慣の乱れなど様々な原因により角質層がダメージを受けるとバリア機能が崩れ、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。
また、肌の水分が失われると肌の構造が崩れるため、かゆみ物質を脳に伝達する神経が刺激を受けやすくなるといわれています。
特に外気が乾燥しているうえに暖房やストーブをつける寒い季節は、肌の乾燥が進んでしまいかゆみを感じやすい環境になります。
皆さんのなかにも、冬の方が肌のかゆみが強く感じるという方も少なくないのではないでしょうか。

では、乾燥を防ぐ入浴法をご紹介していきます。

①お風呂のお湯はぬるま湯で
湯船のお湯は40℃以下と少しぬるめに設定し、20分以内の短め入浴にしましょう。
熱すぎるお湯は、皮膚を保護している成分を流出させてしまいます。
熱いお湯に長時間つかると、乾燥肌を悪化させる可能性があります。

②優しく丁寧に体を洗う
体を洗う際は、やわらかい綿素材のものや手を使うことをおすすめします。
しっかりと泡立ててからやさしく丁寧に洗うようにしてください。
泡立て方が十分でないと、洗うときの摩擦で角質層を傷つけ、バリア機能を低下させる恐れがあります。
顔を洗うときも泡立てネットなどで泡立ててから、ゴシゴシこすらず指や手で直接肌に触れないように、泡を転がすイメージで洗いましょう。
ナイロン素材のボディタオルでこすりすぎると、肌を傷つけたり皮脂を落としすぎたりする可能性があるので注意です。

③保湿成分配合の入浴剤を使う
乾燥肌の方は、保湿成分配合の入浴剤を使ってみることもよいでしょう。
保湿成分が入っているものは、入浴後に肌のうるおいを保ちやすくしてくれます。
入浴剤を購入する際に、どんな成分が配合されているのかチェックしてみてください。

そこでオススメしたいのが、Oggiottoのバスミルクとエッセンシャルオイルです。

保湿成分がたっぷり配合されたバスミルクはお湯に入れるだけでお肌がしっとりなめらかに!
お風呂上がりの乾燥からお肌を守ってくれます。
無香料で油であるエッセンシャルオイルを、お湯に溶かす基材としての役割も果たします!
エッセンシャルオイルは好みやお悩みに合わせて9種類の中から選んでいただけます。
天然100%のエッセンシャルオイルは体調によっても香りの感じ方が違うので、いくつかを交互に使っていただいても楽しいかもしれませんね♪