LED美容とは?

こんにちは、安井です!

皆様、お家の照明は何を使っていますか?
雰囲気などの理由で白熱電球を使われる方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、基本的に世の中のスタンダードはLEDになっているかと思います。

そんなLEDには実は色によって、体に様々な効果をもたらすことがあります。
soraでも最近導入した電気バリブラシや、以前からやっている幹細胞トリートメントでもLEDを使っていたりします。
今回はそんな美容でも大活躍のLEDについて、色別に得られる効果を書いていきます。

赤色
赤色は、表皮のさらに奥にある真皮にまで到達します。
真皮には、コラーゲンやエラスチンのもとになる細胞が存在していて、赤色LEDによって活性化します。
すると、コラーゲンなどが増えて肌の弾力がアップし、小じわや毛穴が目立ちにくくなります。
また、血行を促進して、くすみやクマが改善できるほか、ニキビやニキビ跡の炎症を抑える、表皮の再生を促すといった効果も期待できます。
美容でもっとも使われることの多いLEDです。

青色
おもにニキビ治療に用いられています。
ニキビは、皮脂の過剰な分泌などによって、毛穴に棲みつくアクネ菌が繁殖することで発生します。
青色LEDがアクネ菌を殺し、ニキビを改善したり、できにくくします。
また、青色LEDには、皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を引き締める作用もあります。

白色
美容皮膚科で用いられる白色LEDは、真皮のさらに奥深くにまで到達します。
赤色と同じように、真皮の細胞を活性化させたり、表皮を再生させる働きがあるほか、肌の奥にある筋肉層にまでアプローチすることも可能です。
筋肉のもとになる細胞を活性化させて、筋線維を太くし、しわやたるみの改善といった、エイジング効果が期待できます。

soraで使っているLEDはこのあたりで、全部魅力的な効果ですよね!

エステなんかでもよく使われていたりしますし、最新の美顔器には必ずと言っていいほど搭載されています。
今後エステに行かれる際はLEDの色にも注目してみると面白いかもしれませんね!