疲れはその“スマホ首”から

こんにちは、シキヤです!

皆さんは《首や肩のこりがほぐれない、頭が重い感じがする、眼の痛みやかすみで集中できない》と感じますか?
実は、そんな悩ましい不調の原因は、首が正常な位置より前に出てしまっている「スマホ首」かもしれません。「ストレートネック」と呼ばれるものです。

現代人の約8割が発症しているといわれる、このスマホ首は肩こりや眼精疲労だけでなく、自律神経やエイジングに悪影響を及ぼすこともあるそうです。

また、スマホの使用だけでなく、長時間のデスクワークが原因になることもあります。
スマホやパソコンを長時間使用するなど、うつむく姿勢を続けたとき、私たちは首の後ろ側に違和感を覚えます。
また、料理や掃除などの家事をする時にも無意識に前傾姿勢になるため注意する必要があります。

首の前側には「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」という大切な筋肉があります。
この筋肉が前方に引っ張られて過緊張を起こすと、首のこりや頭痛、めまいなどさまざまな不調が引き起こされます。
放っておくと、猫背や腰痛、顔周りのたるみだけでなく、最悪の場合はヘルニアになってしまうこともあります。

スマホ首を防ぐためには、

・スマホを目線と同じ位置で使用する

・パソコンを使用する際は正しい姿勢で使用する。
ディスプレイは目線と同じ、もしくはやや下になる高さで、40cm以上距離をあけましょう

スマホ首で起こる体調不良や自律神経の不調はヘッドスパでも緩和することが出来ます。
頭をマッサージすることで脳の活性化や自律神経の調節、リフトアップもしてくれます。

更にsoraでは体調に合わせてアロマを選ばせていただきますので、より効果を高めてくれます。
首のこりや目の疲れのある方はぜひsoraで極上ヘッドスパを体験してみませんか^^