マスク荒れを撃退!

こんにちは、シキヤ(ふうちゃん)です!
最近よく聞くお悩みが【マスクによる肌荒れ】です。
新型コロナウイルス感染予防でマスクをつけての生活が日常化しています。
そのマスクが原因で肌荒れを起こしている人が急増しているのです。
そこで、今日はその原因と改善法についてお話していきます。

《原因》
・摩擦
摩擦は美肌の敵!マスクを着脱したりズレを直したりするたび、肌と繊維がこすれ合います。すると角層表面が削られることで、肌のバリア機能が低下してしまいます。
デリケートな状態になり、ちょっとした刺激にも赤みやかぶれ、ニキビを起こしやすくなるのです。

・ムレ
呼気が充満するマスクの中は、温度・湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい状態です。
汗や皮脂も増えることから、ニキビ・吹き出物ができやすくなります。マスクの下でアクネ菌が増殖し、ニキビができるのです。

・乾燥
マスクを外すと、内部の湿気が急激に蒸散します。
このとき肌内部の水分も奪われてしまうことから、肌の乾燥が進んでカサつき・ごわつきが起こりやすくなります。

・繊維などの刺激
肌がマスク素材に負けてしまい、赤みやかゆみが出るケースもあります。
また繰り返し洗える布マスクの場合、繊維に残った洗剤成分が刺激となる可能性もあるのです。

《改善法》
・刺激の少ない基礎化粧品で丁寧なケアをする
「マスクで肌が隠れるから」とスキンケアをおろそかにしていると、肌のバリア機能が低下してしまい、ますます肌荒れしやすくなります。
帰宅したら綺麗な手で肌の汚れやメイクをやさしく洗い流し、肌を清潔にしましょう。
水分を拭き取る際はゴシゴシと擦らず、ポンポンと拭き取るかティッシュをサッと付けて優しく拭き取りましょう。
そして低刺激処方の化粧水や乳液を選んで保湿ケアを行い、角層のうるおいバリアをすこやかに保ちましょう。

・汗をかいたらこまめに拭く
雑菌の繁殖を防ぐためにも、マスク内の汗はウエットティッシュなどでこまめに拭き取りましょう。
できれば再びマスクをつける前に、失われた肌のうるおいを保湿ケアで補っておきましょう。

・マスクの素材を変える
マスクを変えることで、肌への刺激がやわらぐことがあります。
綿ガーゼやシルクなどの天然素材は、肌あたりがソフトで吸湿性もあるので試してみてもいいと思います。
また不織布マスクが肌に合わない場合、ガーゼやコットンなどのやわらかい素材を肌との間にはさむのもオススメです。

・バランスのとれた栄養補給
マスクをしていると肌荒れ・ニキビといった肌トラブルが起こりやすい状況なので、より一層健康な肌細胞をつくるための毎日の食事の内容が大切です。

特にビタミンB群をはじめとするビタミンの摂取が肌トラブルの予防になります。
ビタミンB2は皮脂の分泌をコントロールしてくれます。
ビタミンB6は皮膚炎の予防に働きかけます。

食事だけでは取り切れない栄養素はサプリメントなどを利用して、普段よりもビタミンB2やビタミンB6をとりましょう。
細胞の新陳代謝を整え、肌を土台から健やかに育む栄養素を意識して取ってみてください。

これらの事を意識してみるとニキビや吹き出物の肌荒れは和らいでいきます。
肌質やライフスタイルによっても変わってきますが基本である栄養補給や睡眠はしっかりととりましょう。
治まらない場合は皮膚科に相談することをオススメします!