マスク頭痛はこうして起こる

こんにちは、シキヤ(ふうちゃん)です。

新型コロナウィルが流行り始めてから、頭痛や肩こりがするというお客様からのお声が一段と増えました。
今日はその原因をお話していきます。

「理由は分からないが頭痛がする…」それ、マスク頭痛かもしれません!

原因①
マスクの中はまるでサウナ!熱中症状態で頭痛に!
マスクを着用していると、体温が36.0℃だったとしても、マスクの内側は40.0℃以上に簡単に上がってしまいます。
長時間着けっぱなしのマスクの内側は、まさにサウナ状態。
熱い空気は息苦しいので、人は自然に深呼吸をするようになります。
深呼吸は横隔膜(おうかくまく)や肋間筋(ろっかんきん)などの大きな筋肉を動かすので、体が熱を生み出し、呼気温(吐く息の温度)も上昇します。
呼気温が上がると、脳に近い口腔周囲の血流量が増え、頭蓋内血管が拡張して片頭痛につながってしまうのです。
また、これはまるでサウナの中で軽い運動をしているようなもの。
体は軽い熱中症のような状態になってしまっていると考えられているのです。

原因②
二酸化炭素過多状態で偏頭痛に!
マスクを着用していると、自分が吐いた息をまたすぐに吸うことになります。
すると結果的に二酸化炭素を多く含んだ空気を吸うことになり、脳が二酸化炭素過多の状態になってしまいます。
頭蓋の内側には、脳に酸素と栄養を供給するための血管(頭蓋内血管)が張り巡らされていて、絶えず脳に血液を送っていますが、二酸化炭素は頭蓋内血管を最も強く拡張させる化学的因子で、この拡張が、偏頭痛を引き起こしてしまうのです。
外気を遮断できる性能の良いマスクほど、二酸化炭素が豊富で酸素が少ない空気を吸うことになるので、血管が拡張し、片頭痛が起こりやすくなります。

原因③
マスクのゴムによる“首の凝り”が緊張型頭痛に!
普段しているマスクのゴムで両耳が固定されています。
徐々にこめかみの筋肉(側頭筋:そくとうきん)に負荷がかかり、さらにあごの筋肉(咬筋:こうきん)にも負担が及び、最終的には頭蓋骨にくっついた胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という、首のほぼ中央にある大きな筋肉に強い負担がかかるようになります。
また、マスクをしていることで表情を気にしなくなり、表情筋も使わなくなりがちに。
表情筋を使わないことによる凝りも、胸鎖乳突筋の負担になります。
こうして、いわゆる「スマホ首」と同様の強い首コリが引き起こされてしまい、それが原因で緊張型頭痛が起きてしまうのです。

これらが原因で起こる頭痛を防ぐためには以下のことが効果的です。
・感染の心配のない場所では1時間に1分だけでもマスクを外す
・マスクのゴムの部分がなるべくやわらかいものを選ぶ
・マスクに冷却スプレーをふってマスク内の温度が上がらないようにする

最近、頭痛や肩こりがひどくなってきたと感じる方は、ぜひ試してみてください。
自律神経やホルモンバランスを整える効果のあるヘッドスパもオススメです!