紫外線が与えるダメージとは!

こんにちは!安井です。

桜も満開になって気温も上がってきましたね。
晴れの日の日中なんかは少し暑いくらいで外に出たくなる時期ですよね。
この時期は紫外線が本格化してきて肌に突き刺さるのを感じます、、、。
今回はその紫外線が実際に髪、頭皮に実際にどのような影響を及ぼしているのかということについて書いていこと思います!

まずは髪の毛に与える影響についてです。
髪の毛の内側には紫外線を吸収してくれるメラニンという色素があります。
しかしキューティクルにはメラニンが存在しないため、日差しによってキューティクルが損傷しパサッとした状態になってしまいます。
また、髪の内側にはメラニンはあるものの、日を浴び続けて剥がれたキューティクルから紫外線が侵入し、髪の内部のたんぱく質が変性してしまうなどのダメージの原因になってしまいます。

続いて頭皮に与える影響としては
紫外線は皮脂を酸化させ毛根を萎縮させるため、髪の成長を妨げる要因になります。
紫外線を浴びすぎると頭皮が炎症を起こします。
皮膚は大量の紫外線によって日光角化症という前癌状態(表皮内癌)になります。これは頭皮でも同様で、薄毛で悩まれる方の頭皮にも日光角化症が見られることがあります。

改めて紫外線の影響について詳しく書いてみると日焼け対策の大事さを再認識しますね、、

soraのブログでは紫外線対策についても詳しく書いている記事がございますのでそちらもチェックしてみてください!⇒紫外線は夏だけじゃない!