水パーマとデジタルパーマって何が違うの?

こんにちは、安井です!
最近パーマ流行ってますよね。soraでもパーマされる方が増えているような気がしますし、僕自身ももうパーマをやめられないくらい好きです。

そんな普段のスタイリングを楽にしてくれるパーマには種類があるのをご存知でしょうか?

今回は巷でよく聞くパーマ2種類について書いていきます!

皆様はデジタルパーマと水パーマというのを聞いたことありますか?
たまにこの2つの違いに関してお電話などでご質問いただきます。

そもそもパーマとは髪の毛のたんぱく質同士の結合をゆるめて、なりたい形に固定し直すという技術です。
2つとも基本的なここの仕組み自体は変わりません。ですがこのゆるめて固定し直す方法が少し違うので仕上がりにも違いが出てきます。

デジタルパーマは強いお薬と熱の力を使ってパーマの作用を起こすので、よりニュアンスのしっかりしたパーマに仕上がります。
乾かしても形が出やすいのが特徴です。
しかし、デメリットも存在していて、仕組み的に縮毛矯正に近いので傷みが出やすいと言われています。
soraでは髪の毛自体の美しさを重視しているため取り扱っていません。

対して水パーマは濡れた状態の髪にお薬を浸透させて形を作ります。
なので濡れた状態が1番綺麗にパーマの形が出る状態となります。
基本的にふんわり仕上がりやすいので柔らかいニュアンスになりやすいと言われていましたが、美容師の技術次第で強めにもかけられるのと、スタイルとスタイリング次第で自由自在に仕上げられる汎用性の高さがあります。
また、熱を加えないのと薬の強弱もつけやすいので、ダメージが少なく済むというメリットもあります。
soraでは基本こちらのパーマのみ取り扱っています。

また、soraの水パーマではナノ化した水蒸気を使い、事前処理のトリートメントをすることで髪の水分量を整え、ダメージが非常に少ないパーマを実現しています。

最近ではお薬が進化したこともあって昔のように傷むことも少なくなりました。
小ダメージで強いパーマがかけられるのでパーマ=傷むというイメージはもう過去のものですね。

しかし、どちらのパーマにせよホームケアは必須です。
より綺麗な髪の方がパーマもかかりやすいですし、スタイリングもしやすいですからね。

洗い流さないトリートメントは必ずつけるようにしましょう。

おすすめはsora1番人気のシャンプーのメーカーから出ている「nanoamino エマルジョン」です。

熱に強く、柔らかく仕上がるのでパーマにもおすすめですよ!
この他にも様々な洗い流さないトリートメントを取り扱っているのでぜひ御相談くださいね!