日焼けした髪はどんな状態?

こんにちは、安井です!

今年も夏は暑いですね。
日差しも年々強くなってきて男性でも日傘を差すのが普通になってきました。

この時期は体の中で、最も太陽に近い位置にある髪の毛の日焼けもかなり多くなります。

今回は日焼けした髪の状態がどうなっているのかについて書いていきます!

まず最もわかりやすく、体感しやすいのが髪の褪色かと思います。

紫外線には色素を分解する能力があり、黒髪も茶色くなります。
色素が抜けるということは、その分髪の毛を埋めるものが無くなるということなので当然ツヤも無くなります、、。

次に内部の栄養が焼けることにより髪の柔らかさと弾力が失われます。
具体的にはアミノ酸の酸化とそれによるタンパク質へのダメージが起こります。
タンパク変性といい、髪の内部のタンパク質が正常ではなくなってしまうのです。

本来、生卵のようなタンパク質がゆで卵になってしまい、そうなるともう元通りにはならないのです。

最後にキューティクルが破壊され毛羽立つので髪の毛の手触りが悪くなり、ガサガサになる事で髪の毛の絡まりが起こりやすくなります。

このように髪の毛を日焼けすると様々な問題が発生します。
これらの対策と対処としてはまず日焼けしないように日焼け止めをすること、そして日焼けにより悪くなった栄養の代わりになるいい栄養を足すことが大事です。

髪質改善など内部補修に重きを置いたトリートメントをして、お家では栄養たっぷりのシャンプーとトリートメントを使うことで幾分か改善できます。

髪の毛の日焼けは見た目も扱いやすさも大きく劣化させてしまいます。
夏ももう終わりに差し掛かっていますが、まだまだ紫外線は強い日が続きます。
十分な対策と既に日焼けしてしまった方はしっかりしたトリートメントでケアを行いましょうね!